RYOSUKE
YAMANE

技術本部 
エンジニアサービス技術統括部 
エンジニア技術5部

関連する知識や業務を体系的に理解し
ひとつひとつ落し込んでいくことが重要

インターンシップの参加が
入社の決め手

大学では遺伝子組換えを専攻していました。情報系分野に関しては全くの未経験だったのでIT業界を志望するにあたって教育体制が整っている会社を志望していました。クロス・ヘッドはIT人材教育を事業として展開しており、1日インターンシップに参加した企業の中でも1番教育制度が整っている印象でした。インターンシップ後にクロスについてもっと知りたいと思い、新人教育の内容やスケジュール感、社内での交流(部活動や社内イベントなど)について質問した際は、すごく丁寧に教えてくださいました。面接前に色々と気遣ってくださったりと、その温かさに感動したのを憶えています。
もう一つ、展開している事業が多いため、自分の目指したい道や興味のある分野に進めるというのも魅力的な点です。メーカーなどの場合は、商材も限定的なので、適正や本人の希望に応じて配置転換をするというのは比較的難しいと感じてますが、その点、クロス・ヘッドは、選択肢の幅が広く、社内で自分の目指したい道が見つかります。

失敗からの学びを後輩へ

失敗はチャレンジなくしては生まれないものですし、失敗から学べることは成功よりも価値があることだと個人的には考えています。進んで失敗しにいくという意味ではなく、チャレンジに伴う失敗や障害は一周回って自分を大きく成長させてくれていると感じるので、そういった失敗談やそこから得られた学びをたくさん伝えていける人になりたいですね。クロス・ヘッドでは失敗をしても、失敗の分析をして、どのように取り組むのかを明確にすれば、どんどんチャンレンジさせてくれる文化です。失敗を「自分を成長させるチャンス」と捉え、しっかりとPDCAを回せば、失敗した時よりも更にパワーアップした自分になれると思います。誤解のないように言っておきたいのですが、私も会社も決して失敗を奨励しているわけではありません(笑)
失敗から学びを得られるだけではなく、他にも学びを得られるところは社内にも沢山あります。例えば、配属先社員の方々は新しい技術に対して貪欲で、最新の技術トピックやユースケースを展開してくださいます。自らのアンテナを広く張っていれば、常に成長できる環境ですし、自身のレベルアップも確実に見込めると思います。

ONE DAY SCHEDULE

8:45

出社

通勤中は最近興味を持ったAIに関する本を読んだり趣味であるアコースティックギターのテクニックを調べたりしています。自席に着いたらまずはメールや機材ステータス、障害アラートの確認を行います。

9:00

就業開始

朝会で1日のスケジュールをチームメンバーと共有します。この日はお客様から環境構築依頼が届いていたため、構築環境の認識合わせや払い出しリソースの確認を行います。

12:00

昼休み

現場メンバーや別のパートナー会社の方と休憩スペースで昼食。普段は週末に作っておいた炒飯や炊き込みご飯、ビルで販売しているお弁当を食べています。

13:30

チーム定例

先週分の進捗報告を行います。業務を通じて見つかった運用システムの改善案などがあれば30分追加で時間を取り、チーム全員で調べながら協力して少しずつ業務改善を図る「業務ハック」に取り組みます。

17:30

退社

業務後にライブの練習があったので近くの音楽スタジオへ。気の合う仲間とああでもないこうでもないと言い合いながら作り上げていく時間はとても有意義で心地が良いです。

好きなことや興味があることに対して素直かつ夢中になれる人、それを発信していける人って素敵ですよね。クロスにはそういう人がたくさんいて、また周囲がそれに反応してくれる温かな環境があると感じています。

始まりは流行りの技術やITでなくてもいいと思います。様々な技術や価値に触れていく中で「私はこれが好き!」が「この技術と組み合わせたらもっと面白いものが出来そうだ!」へと変わった時に感じるわくわくした気持ちは何物にも代え難いものです。そんなあなたらしさから生まれた価値に他を交えて、一緒に新たな”カタチ”を発信していきませんか?

RYOSUKE YAMANE

山根 良輔

2017年4月入社
技術本部 エンジニアサービス技術統括部 エンジニア技術5部

イベント事が好きで社内イベントにはよく顔を出している。
新しいことや面白いことを想像するのが大好きで、ルーチンワークは少し苦手。
友達からつけられたあだ名は”努力の方向音痴”。
負けず嫌いな性格。