HIROSHI
KATAYAMA

技術本部
クラウドソリューション推進部
マネージャー

「一人プロジェクト」「新規事業の立ち上げ」を経て、
さらなる高みを目指したい

新部署の立上げから
自分で生む楽しさを実感した

入社してから2回の転機がありました。

1つ目は沖縄の子会社への異動、2つ目は新部署の立上げです。沖縄の子会社では、ネットワークの設計・構築に携わりました。沖縄は人数が少ないので、ほとんどのプロジェクトを私一人で担当しました。始めから終わりまで案件に関われたのはいい経験になりました。新部署の立上げでは、Amazonが提供する「AWS(Amazon Web Services)」というクラウドサービスの導入支援を行う部署の立上げでした。エンジニア業務に加えて事業計画を立てる必要も生まれ、最初は苦戦しました。「A社との契約を結ぶにはどのようなサービスを売りこもう?」など、その段階から皆で考えていくんです。大変ですが、マニュアルに従うのではなく、自分でアピールの仕方を考えられるところにやりがいを感じています。

 

ビジネスチャンスは、
顧客体験を具現化することで生まれる

仕事は充実してますし、やりがいも十分に感じていますが、毎回自分の得意な仕事や興味のある仕事だけではないわけなんですよね。なので、色んなことに興味や好奇心を持ち、苦手な仕事も深く知ろうとすることで、楽しくない業務も楽しく感じられると思っています。これからの働き方改革によって業務効率が重視され、一筋縄で製品やサービスを売るのが難しくなっていくと考えています。やはりそこで、何を売るかではなく何をしたいか、つまり顧客体験を具現化することでビジネスチャンスが生まれるはずです。国の動きと市場の動きの双方を素早くキャッチし、どのようなアクションが必要なのかを考えて、クロス・ヘッドの成長を牽引したいです。

ONE DAY SCHEDULE

9:00

出社

まずは、メール返信と今日のスケジュールを確認します。その後はお客様Aのインフラ構築作業開始。チャットでお客様と連絡を取り合いながら進めます。クラウド環境の構築なので自席で作業!

12:00

お客様先へ移動

作業中断。お客様Aに進捗を報告し、お客様Bとの打合わせに向け移動を開始します。お昼休みは移動の合間に。移動中の電車内でランチを食べるお店を物色します。

13:30

打合わせ

お客様Bのオフィスを訪問。主旨は、お客様先での自社製品 評価支援です。技術支援をし、検証環境ができあがって簡単な動作確認も終了。この日の現地作業はこれで終了ですが、引き続き支援を行います!

16:30

打合わせから帰社

自社サービスの運用チームからスポットの対応依頼が来ていたので、まずその対応を実施。その後、午前中に実施していたお客様Aのインフラ構築作業を再開します。チャットで作業再開のご連絡。

18:30

報告後、退社

お客様Aへ作業報告をし、メンバーと共有のためプロジェクトの進捗状況を更新したら退社!今夜は、以前常駐していた現場でお世話になった方々と一緒に飲み会。その時にお世話になった方々と今もお付き合いがあり、こうしてたまに飲みに行っています。

2015年に立ち上がったCSI事業推進部(現在のクラウドソリューション推進部)は、社外のメンバーを含めてもまだ小規模なので、もっとメンバーを増やして、部署を大きくしていきたいですね。常に好奇心を忘れず、様々なスキルの習得にチャレンジする姿勢を持ち続ける人と一緒に仕事がしたいですね。

HIROSHI KATAYAMA

片山 博次

2007年4月入社
技術本部 クラウドソリューション推進部
マネージャー

2013年から3年間、技術交換の一環で子会社の「沖縄クロス・ヘッド株式会社」に出向。高校生のときから競技カルタをしており、沖縄では社会人サークルを作って地元の人とカルタを楽しんでいた。