SATOSHI
MASHIKO

技術本部
システムサービス統括部 ICTマネジメントサービス部
シニアマネージャ―

指導力も自身の技術力も。
“誰と働くか”で選んだ会社でさらなるスキル向上を目指す

“何をするか”より、“誰と働くか”を重視して入社

新卒からずっとIT業界で働いてきました。直近で勤めていた会社では、学校の授業で使用されるパソコンの設置や入れ替えなどを担当していました。システムの設計や構築を行うことはなく、私は業者の方への指示出しがメイン業務でしたね。しかし働くうち、次第に「自分も現場で作業したい」と思うようになり、転職を決意したんです。

転職活動を始め、ある就職サイトでクロス・ヘッドのことを知りました。選考を受け面接に行くと、一次も二次も、面接官の人柄が非常に大らかだったんです。社内の雰囲気も良くて、自分に合っている会社だなと思いました。IT業界って企業ごとに仕事内容が大きく変わるわけではないので、技術面に関してはそれほど心配ではありませんでした。ですから私の場合、「何をやるか」よりも「誰と働くのか」を重視していました。

内定をいただいて2010年に入社し、取引先に常駐して勤務を始めました。現在も同じ職場で働いていて、主な業務はパソコンなどシステム機器修理の窓口業務です。

前職は一人でプロジェクトを回すことが多かったのですが、ここではチームプレイで仕事を進めていきます。上司に「誰が読んでも分かりやすい報告書を作成するように」と言われたこともあって、業務報告書の作成には特に気を配っていますね。表現の仕方を今まで以上に意識するようになり、チームとして行動する力が身についたと思います。

コーチングスキルを身につけ、チームの志気を高めていきたい

私の仕事はパソコンが壊れた後の対応なので、スピードが求められます。何が起こるか分からないので、こちらで事前に準備してもうまくいかない、なんてことも日常茶飯事です。でもお客様からは「早く直してほしい」と言われるので、このせめぎ合いの中での業務は大変ですね。でも業者さんやお客様と試行錯誤して、糸口を見つけ無事解決できたとき、「ありがとう」と言ってもらえるととても嬉しいです。これは一人の業務だったら、絶対に味わえない達成感だと思います。

時々、本社に行って働くこともあります。弊社のフロアは作りが面白くて、個室がないんです。全てパーテーションで仕切られているので、一従業員でも気軽に社長に話しかけることができます。

風通しがいいのはフロアだけではありません。月に一度、水曜日に「ウエンズデーラウンジ」という交流会を開催しています。社内外で働く社員が一同に集まり、一緒にご飯を食べたりお酒を飲んだりするんです。他の職種の人とも交流を深めれば、仕事においても連携しやすいと思いますし、すごく良い制度だなと思います。

クロス・ヘッドで働き始めてから7年目になり、部下を指導する立場になったので、今後はコーチングのスキルを身につけたいですね。感情的になるのではなく、部下のやる気を引き出せるような指導ができればと思います。また上司になって実際に作業する機会が減ったので、新しいシステムを導入するような仕事も携わりたいですね。上に立つ人間として、自分自身も技術を身につけなければ指示に説得力が増さないと思いますから。

ONE DAY SCHEDULE

8:30

出社

メールと週報の確認を実施。部下が夜勤対応していたりするため、面談などもこの時間にする事が多いです。

9:00

就業開始

サポートチームでの朝一Mtgを実施。課題や進捗の確認をして本日行うべきタスクの共有を実施します。

13:00

お昼休み

執務室隣のリラクゼーショルームで家から持参したお弁当食べています。

14:00

午後の業務

ドキュメント作成。担当しているプロジェクトでの必要資料作成をしつつ、取引先と進めているプロジェクトの打合わせをします。

19:00

退社

電車が止まらない事を祈りながら、寄り道せずに家に帰って家でご飯やお酒を飲みます。

弊社は様々な業種の企業様と取引をしているので、自分のやる気次第で色々な現場や業務を経験することができます。資格取得の支援も行うなど、面倒見の良い会社ですからチャレンジ精神のある人にぜひ来てほしいですね。立ち止まっているだけでは何も身につきません。試練を避けるのではなく、仕事にどんどんぶつかってみてください。

SATOSHI MASHIKO

増子 智士

2010年10月入社
技術本部 システムサービス統括部 ICTマネジメントサービス部 シニアマネージャ―

思い立ったらすぐ行動する性格で、緊急性の高い今の業務は向いていると感じている。学生の頃からエレキギターを弾き、休日は音楽フェスに行くほど音楽が好き。